toggle
2019-04-02

元号が変わりました。「令和01年05月01日」

令和(れいわ、REIWA)は、

日本の元号として、平成の後に、大化から数えて248番目の元号となる予定。安部総理の説明によると、「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ。梅の花のように、日本人が明日への希望を咲かせる国でありますように。」 いいですね!最近のニュースでは、殺伐とした嫌なことが多く、身の毛もよだつニュースが多い中で、この元号はとても気に入りました。

マスコミも元号発表と共に

令和にまつわるネタ探しに大わらわの様相でした。
でも、過剰な裏話を探すよりも、今後に、また、日本人に伝統文化を見直すいいキッカケとなったようです。今回は「万葉集」から出典され、中国ではなく日本の古典から採用されたのは初めてとのこと。経済では、アメリカや中国の影響が多い中で、日本の独自文化から命名されたことが誇らしく感じられます。

平和な日本を継続させ、国内も海外にも楽しんで旅立てる平和な日本が素晴らしい!
そんな思いで、今回の元号発表を見てました。

ちなみに、元号「令和1年」を西暦に直す場合は、+018を加えると、2019年になります。 018(れいわ)と覚えると簡単ですから便利です。

タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です