toggle
2020-07-02

アフターコロナの新しい旅行スタイル

・・・・・・・・・・・・・<ガイドライン>・・・・・・・・・・・・・

毎朝の健康チェックは、おしゃれな旅の身だしなみ。

旅先の状況確認は忘れずに行ってください。

旅行中は、握手などの密接を避けて、笑顔の旅美人になりましょう。

ツアーに参加する場合は、出発前に検温や体調チェックを行いましょう。

もし発熱や体調不良が見られたら、感染拡大防止のため出発直前でも旅行を取りやめてください。

まだまだコロナ感染には気を許すことができません。新型コロナウイルスが終息するまでは、出発ギリギリまで気が抜けない日々が続きます。

旅行中においてもソーシャルディスタンスを考え、密閉、密集、密接の3密には十分に気を使ってください。

マスク着用は、電車、機内、宿泊施設、レストラン、など、人の密集する場所では、必ず着用を心がけてください。

航空機内の空調システムは、数分で空気が入れ替わる仕組みになってますが、搭乗時はマスク着用を要請される場合があります。

食事は、客室や個室でとることを増やし、もし食事処を利用する場合は一定のスペースを空けるか、少人数でする方がよいでしょう。

ビュッフェスタイルの場合は、消毒されたトングを使うかスタッフが取り分けた小皿を取るようにしましょう。

大浴場や休憩所、人が密集する場所も、時間制が導入されたり、人数制限が行われたりする可能性があります。

なるべく客室風呂のあるお部屋で入浴された方がよいでしょう。

この他にも、注意すべき点があるかもしれませんが、基本的には、お一人お一人が感染を避けて注意を喚起して旅してください。

 

国土交通省により、旅行者の感染防止策として「新しい旅のエチケット」が発表されています。

マスクの着用
手指の消毒、手洗いの徹底。
体調が悪いときは絶対に行かない。
旅に出るときは、健康保険証を持参してください。
検温、体調チェックなどスタッフの指示に必ず従う。
ハンカチやティッシュを持参。
現金の受け渡し不要の決済手段を用意する。

 

<国土交通省ホームページもご覧ください。>⇒ こちらから

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です